損切の重要性!!「損は落とせ、さらば利益は大ならん」

公開日: 

今回の格言は「損は落とせ、さらば利益は大ならん」

含み損がでている銘柄を売却し、含み益の出ている銘柄だけを残しておけば、大きな利益を得ることができるという意味の相場格言です。

一番失敗してしまいがちな投資判断として、『いつか戻ると信じて持ち続ける』ということがよく挙げられます。高確率で反発するだろうという根拠があれば、保有継続したまま値が戻ってくるのを待つのもよいでしょう。しかし、大抵は単なる希望でしかなくそう信じているだけのことが多いです。

こういった判断や行動をとってしまう投資家の多くは、利益が出たものだけを次々売却し、損失が出ている銘柄だけをポートフォリオに残し続けることになるので、最終的にはポートフォリオに残っている銘柄は損失が出ている銘柄だけという形になります。

しかも、この損失を解消しようとした場合には大きな値上がりが必要になるので、一度に損失を解消しようとして、急騰株に飛び乗ってみたり、切りの良いところで利確せず、根拠のない期待をして無理な取り組みをして取れたはずの利益を逃してしまったりと、悪循環な取り引きをしてしまいがちです。

相場が予想と反対に動きをし、損が出てしまったら、相場が元に戻るのを期待してポジションを持ち続けるよりは、損失を小さいところで抑えるために、思い切ってポジションを解消しておく方が賢明です。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑