確定させてこその利益!『利食い千人力』

公開日:  最終更新日:2018/07/11

今回の格言は『利食い千人力』

今回の格言は、どれだけ含み益が出ていても利益を確定するまでは手元に利益は入ってこないので、欲深に成り過ぎず利食いできるところでしておきなさいという意味のものとなります。

どんな相場巧者であっても、『一番の底値』で買う事も『一番の高値』で売ることも出来ません。結果的にそうなることはあったとしても、どの価格帯でも売りたい者、買いたい者は存在するわけですから多少の誤差は生じてくるものだからです。

ですので、一度に決済を完了しようとせず、買う時には底と決めつけるのではなく、底になりそうなところで購入予定数の半数程度を買い、上下の動きを見て買い増しを行うこと。売る時にも、全てを高値で売却するのではなく、利食いができるところで半数程度は利益を確定しておくことで、焦らず冷静な判断ができるようになります。

「二度に買うべし、二度にうるべし」という言葉も、今回の格言と一緒に覚えて頂くと今後の投資活動にお役立て頂けるのではないでしょうか。是非、参考にしてみてください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑