備えは大事『相場の金と凧の糸は、出しきるな』

公開日:  最終更新日:2018/07/03

今回の格言は『相場の金と凧の糸は、出しきるな』

 

読んで字の如しの意味ですが、相場に挑む際には必ず手元に資金を確保しておくべきだということです。凧の糸も、どう吹くか判らない風を相手にするわけですから、凧をコントロールする為に糸は出しきらずに余らせて置くものです。出し切ってしまうと、思わぬ強風が吹けば糸が切れて飛んで行ってしまうことも考えられるからです。

相場においても、どんなに優れた相場観や、分析力を持った投資家でも百発百中思い通りになるということは御座いませんから、万が一の備えは大切です。長期目線であれば目先の乱高下は気にせず見ることは出来ますが、特に短期投資を行っている方には注意頂きたいところです。

短期の相場というものは、要人の発言や、為替や海外株式の変動でも影響を受けてしまう非常にデリケートなものですから、そういった何があってもおかしくない状況下で全力で資金を投じることは大変リスクの大きなことであるということをご理解頂ければと思います。

投資で効率良く利益を追求する為にはまず、ご自身の資産状況に合わせた投資資金量の設定と、リスク管理が最も重要です。それが出来てこそ、初めて落ち着いて相場を見守ることが出来ますので、今回の格言も今後の投資にお役立て頂けたら幸いです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑