『咲いた株から散って、散った株からまた咲く』

公開日:  最終更新日:2018/03/15

今回の格言は『咲いた株から散って、散った株からまた咲く』

皆様ご存知の通り、株式投資には『買い』と『売り』が御座います。その基本は「安く買って高く売る」ということに尽きるわけですから、当然のこと、安く買った者は高くなれば売り抜けようとします。

反面、まだ買っておらず、これから買おうか迷う者は、高値掴みをしたくないわけですから株価は上昇を続けると買い数量を売り数量が上回る局面が訪れるわけです。つまり、いくら綺麗な花でも永遠に咲き続けることはできない様に、上昇相場もいずれ枯れる時がくるのです。

ただ、桜は春になると必ず花を咲かせる様に、株価も下げればまた買われることが多くあります。株式市場では先に買われた銘柄が高値を打つと、比較感から二番手、そして三番手銘柄などが順番に買われて天井をつけていくことが多いわけですが、全ての買いが一巡してくると、先立って買われた銘柄が再び買われ出すということも珍しいことではありません。

今回は、どんなに優良株でも永遠に上がり続けることはできず、また、出遅れている銘柄も順番に買われていくので『焦らず待て』という格言です。

投資に必要なのは冷静な判断。自分の買った銘柄しか見えず、乱高下に焦る人ほど周りに流され易い為に負けが込むものです。資金は常に循環しているということを知っていれば、焦らず待つ姿勢を保つことが出来るのではないでしょうか。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑