『勝たんと打つべからず、負けじと打つべし』防御こそが最大の攻撃!!

公開日:  最終更新日:2018/02/28

今回の格言は『勝たんと打つべからず、負けじと打つべし』

今回は相場へ挑む際の心構えとして、是非とも覚えておいて頂きたい、覚えておいて損は無い格言となります。

株式投資の世界に絶対は無いと申しますが、一つだけ絶対的なことが御座います。それは、『利益を得る為に、誰もが投資を行っている』ということ。利益を得られる見込みがないなら、投資を行いたいと思う人は居ないわけですからこれは全ての投資家に共通していることと言えるでしょう。

その為、実際に投資を行った後、株価が下落するとなかなか損失を確定するということはしたくないと考えてしまう投資家も多いのも事実でしょう。

株価が下落するときというのは、安く仕込めるチャンスでもある訳ですから、安く買い戻すことを前提に早い段階で売ってしまうというのも正攻法の一つです。

どうしても、下落局面にあっても目標株価まで常に同じポジションを保有し続けると、含み損も大きくなってしまいます。ですが、早目にポジションを落とし、安く仕込み直すことができれば、リスクを低下させると同時に、目標株価までの上値余地が拡大されることとなりますので、一層投資妙味が増し、まさに一石二鳥です。

ただ、勝ちにこだわるのではなく、負けない投資を心掛けることで、きっと勝率も上がることと思いますので、今回の格言『勝たんと打つべからず、負けじと打つべし』ということを心掛けて頂ければ幸いです。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑