『夏帽子は冬に買え』単純明快!!

公開日: 

今回の格言は『夏帽子は冬に買え』。

株は流行を先取りして動くことが出来れば、人々が注目する前に安く仕込むことが出来ます。

『夏帽子は冬に買え』という格言はそれを代弁しているものと言えるでしょう。

真夏の暑い時期に重宝するサマーキャップや麦藁帽。

これ等、夏帽子を売る企業があれば、株価は業績の伸びに比例して上下する性質を持っている訳ですから、夏場は売れ行き好調で上昇傾向、冬場は在庫を抱えて低迷するといったことが予想されます。

この様に、シーズンストックで株価の高い季節、安い季節を見極めて投資を行う事で低リスク・高リターンの実現も可能になるわけです。

この格言と同義のものに『株を買うより時を買え』という格言もある様に、日々のチャートばかりを追いかけるのではなく、来るべき時に備え、仕込むべきタイミングに仕込んでおくのも負けない投資を心掛ける上で重要なことではないでしょうか。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑