『天底では少数意見につけ』裏を読むことが大事!!

公開日: 

今回の格言は『天底では少数意見につけ』。

どこが天井で、どこが底か…それは上昇相場・下落相場が終わってみない事には判りません。

ですが、後になって大きく買われている銘柄や、売られている銘柄を見てみれば、大抵は天井付近で超強気、底では超弱気な判断をされていることが判るでしょう。

 

人間心理というものにも当て嵌まるとこですが、人は多数派意見に流される傾向があります。

 

簡単に言ってしまえば、「皆が買っているから買う」「皆が売っているから売る」という判断をする方が安心感があるということです。

 

ですが、『株価は上がり続けることも無ければ、下がり続けることも無い』という性質を考えますと、この右に倣えの判断で投資を行うよりも、底打ち感がある状態の銘柄を選定する方がリスクを抑え、将来的な値上がり時の値幅にも期待が持てるわけですから、常に相場の裏を読むということが、本当の意味で安心できる投資法と言えるのかも知れません。

 

株式投資で勝てる人間は周りに流されない人間が殆どでしょう。

 

そういったことからも『天底では少数意見につけ』という格言は理にかなっていると言えるのではないでしょうか。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑