『若い相場は目を瞑って買え』躊躇は無用!!

公開日: 

今回の格言は『若い相場は目を瞑って買え』。

ここで例える〝若い相場〟とは、数ヶ月~数年間に渡って底値圏でもみ合いを継続していた様な銘柄が上昇し始めることを指します。

似たような相場格言に、

『大保ち合いの大相場』

『枯れた野原に火を放つ』

というものがありますが、長い間底値鍛錬をしていた銘柄というのは、徐々に売りが出尽くして上値にシコリが無くなることで、多少の乱高下はあったとしても強い上昇波動となる傾向があります。

正しく、枯れ野原に火を放つと火が燃え広がる様なイメージです。

長く停滞、低迷を続けている様な銘柄があれば、それが上昇に転じた際には「迷わず黙って買うべし!」ということを覚えておくと良いでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑