『二番底は黙って買え』本格的なトレンド転換点?!

公開日: 

第2回目となる今回の格言は『二番底は黙って買え』。

 

文字通り、株価が下落し最初の底値を付けたところを『一番底』

 

その後小反発してから再度二回目に底値を付けたところを『二番底』と言います。

 

この二番底から反発すると、アルファベットの『W』の形を作ることからダブルボトムとも呼ばれ、テクニカル分析では買いサインとしても広く知られている通り、初めに底を打ったときよりも真の底値となることが多く、この様な状態にある銘柄を見つけたら『絶好の買い場』として注目してみると良いでしょう。

 

二番底(ダブルボトム)を付けた銘柄では、一番底からの小反発時の高値(Wの真ん中の頂点)を突破してくると本格的なトレンド転換点となる傾向があり、二番底を打った時点で仕込みを行う場合には、この点に注意して保有継続か撤退かの判断を行うのが良いでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑